麻生区版 掲載号:2011年8月5日号
  • googleplus
  • LINE

多摩川なし 病気もなく生育順調 お盆にかけ収穫ピークに

「少し小ぶりだが、8月に入れば収穫できる」と金子さん(7月26日撮影)
「少し小ぶりだが、8月に入れば収穫できる」と金子さん(7月26日撮影)

 地元の名産として親しまれている「多摩川なし」の収穫が始まった。区内の梨農家によると、今年は花の開花が例年より1週間ほど遅れるなどしたが、生育はほぼ順調。出荷はお盆にかけピークを迎える。

 多摩川なしは「かわさき農産物ブランド品」に指定されている地元の名産品。川崎市では江戸時代頃から栽培が始まったとされる。糖度が高く、甘いのが特徴で、出荷が始まる8月には全国から注文が寄せられる。

 区内早野で梨栽培に取り組む金子梨園の金子昇さんによると、今年は花の開花が1週間ほど遅れたため、各作業が全体的にずれ込んだが、8月5日頃から本格的な収穫が行える見込みだという。

 金子さんの梨園では、数種類の梨を栽培している。8月からは一番収穫時期が早い愛甘水(あんかんすい)という品種から収穫が始まる。金子さんは「例年に比べ少々小ぶりのものが目立つが、生育は順調。今年は病気もなく、一安心している」と話している。

 金子さんの梨はセレサモスに出荷されるほか、早野にある農園でも随時販売される。収穫は9月末頃まで行われるという。

放射性物質も不検出

 JAセレサ川崎は、川崎市などと連携し、市内農産物の放射性物質調査を行っている。多摩川なしの検査は先月25日に行われ、放射性ヨウ素・放射性セシウムともに不検出と公表されている。
 

麻生区版のトップニュース最新6件

新栽培アスパラが初出荷

商業地 堅調に上昇

麻生区公示地価

商業地 堅調に上昇

4月13日号

新百合など4駅で整備

自転車安全対策

新百合など4駅で整備

4月6日号

25年の歴史に幕

市民主催フリマ

25年の歴史に幕

4月6日号

合同チームで全国V

ネオホッケー麻生・多摩

合同チームで全国V

3月30日号

1年で登録数300超

市民活動団体検索サイト

1年で登録数300超

3月30日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク