麻生区版 掲載号:2011年8月5日号
  • googleplus
  • LINE

柿生アルナ園で納涼大会

獅子舞を子どもに見立てた舞を披露するおかめ
獅子舞を子どもに見立てた舞を披露するおかめ

 夏の恒例行事である「納涼大会」が先月30日、特別養護老人ホーム柿生アルナ園で行われた。会場には櫓(やぐら)が組まれ、親子連れなど多くの参加者が夏の夜を楽しんだ。

 納涼大会は今年で25回目。もともと柿生アルナ園が主催していたが、04年から柿生駅前町内会との共催になった。協賛は柿生中央商店会。

 広場で「かきお音頭」「禅寺丸音頭」などの盆踊りの曲が流れ、櫓(やぐら)の上で太鼓の音が響くと、会場は夏祭りの賑やかな雰囲気につつまれた。施設の利用者も盆踊りに参加した。祭りのはんてんをまとった参加者らは手拍子を叩きながら踊りに参加し、祭りを楽しんだ。

 「白山神社はやし保存会」によるお囃子も披露された。獅子舞やひょっとこ、おかめの華麗な舞を見ようと多くの観客が詰めかけた。ソーラン鳴子踊りの「輝楽(きら)」も力強い踊りを披露し、会場を盛り上げた。

 昨年末柿生アルナ園に入園したという飯田きみ(99)さんは「若い頃に盆踊りを良く踊っていた。昔が懐かしくなった」と話した。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク