麻生区版 掲載号:2011年9月23日号
  • googleplus
  • LINE

山ゆり号 乗客数アップに"次の一手"

 高石地区のコミュニティバスとして今月1日から運行を開始した「山ゆり号」。安定的な運営を目指す「山ゆり交通事業運営委員会」(碓井勝次会長)は、年間6千円の登録料を支払い継続的にバスを利用する「サポーター」の数を今後300人にすることを目標に掲げている。

 同委員会によると現在、この登録制度を利用しているサポーターは180人(9月20日現在)。1日あたりの乗車数は平均84人にのぼるという。利用者が最も多かったのは9月15日の95人。バスの定員9人に対し、4〜5席がうまっている状態だ。

 新たな課題も見つかった。スーパーがある停留所からの乗車が集中し、次のバス停から乗車できないケースが発生しているという。

 同委員会は今後継続的に利用者を確保していくためにも、利用者からの具体的な声を現場に反映させていく考え。今後は委員会の幹事らが実際にバスに乗車し利用者からの声を集めるほか、9月末頃までにはバスの中に意見箱を設置する方針だという。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

「加入者減」課題を共有

市子連

「加入者減」課題を共有

4月13日号

防犯アプリの配信開始

川崎市

防犯アプリの配信開始

4月13日号

藤嶋昭氏が講演

藤嶋昭氏が講演

4月13日号

衛生士会と連携を確認

県歯科医師会

衛生士会と連携を確認

4月13日号

中原区で特養開設へ

白山福祉会

中原区で特養開設へ

4月13日号

市民館で将棋の対局

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク