麻生区版 掲載号:2011年10月21日号
  • googleplus
  • LINE

地道に普及 協会10周年 ターゲット・バードゴルフ

10周年の記念式典で
10周年の記念式典で

 空き地やグラウンドを使ってフルスイングでゴルフを楽しむ――。

 川崎市ターゲット・バードゴルフ協会(関山輝弥会長)が今年12月で創立10周年を迎える。地道に普及活動に取り組み、会員数を年々増やして現在はシニア層を中心に55人。体育の日の今月10日、10周年を記念して式典や大会を開催した。

 ターゲット・バードゴルフ(TBG)は通常のゴルフをミニ化した競技で、バドミントンのような羽がついたボールを使用する。傘を逆さに広げた形状のホールをめざし、何回打ったかで競う。

 ボールを打ち上げる技術が要求されるが、ゴルフ経験者なら、すぐに楽しむことができる。飛距離が抑制されるから、狭い敷地でもプレーできる。風に左右されることも多く、意外性に富んでいるのが魅力だ。

 同協会は2001年12月に会員13人でスタート。宮前区や多摩区内の運動場を使って練習に励み、シニア層を中心に会員数を増やしてきた。05年には多摩区と高津区、宮前区の境界地に手づくりで常設の「弁天様コース」を整備し、大会まで開ける場所を確保。毎週2回の練習日だけでなく、コースの手入れをしたり、お弁当を広げたりと交流の場にもなっている。

 関山会長は「10年やってきて感慨深いものがある。生涯スポーツとしての魅力がある。コースに花を植えていい環境の中でプレーを楽しんでいる。多くの人に実際にやってみてほしい」と話す。

 同協議会は現在、週2回のペースで弁天様コースや多摩区の西長沢多目的広場などで練習している。月会費は500円、入会金1000円。問合せは事務局の増田さん(【電話】044・701・2550)か関山会長(【電話】044・833・0797)まで。
 

ふわりと打ち上げて傘状のホールをめざす
ふわりと打ち上げて傘状のホールをめざす

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク