麻生区版 掲載号:2011年10月21日号
  • googleplus
  • LINE

きのこを慈しみ20年 地域住民らによる同好会が記念写真展

きのこを通じて交流を重ねてきたメンバーら
きのこを通じて交流を重ねてきたメンバーら

 樹木の根の影からひょこっと顔を出す愉快な面々―。

 全国に5000種類以上も存在するといわれている「きのこ」の魅力に惹きつけられた地域住民らが結成した『麻生きのこ同好会』が今年で20周年を迎え、今月14日、麻生市民館で写真展を行った。

 区内在住者を中心に30人ほどが所属する同会。もともとは市民講座に参加したメンバーが意気投合して会をつくった。

 活動は月に1回の定例会がメイン。区内外に生息する様々なきのこを見つけては、毒性を判断し、食べられるものは「どの調理法が適するか」「旬はいつか」「どの属性か」などについて判別してきた。

 写真展ではこれまでに見つけた100を超えるきのこの中から、一般の目をひくもの60点を選んだ。種類ごとにパネルを作り、名称や属性のほか、「バター焼きが最適」や「毒があるので注意」などといったコメントを付け足した。

 会長の新明功さんは「地域住民同士の交流を目的に発足した会。きのこは私たちにコミュニケーションをもたらしてくれた愛すべき存在なんです」と話していた。

 メンバーらは今後もきのこの採集を通じた交流を続け、心身ともに健康な毎日を送りたいとしている。

*    *

 麻生きのこ同好会…▽活動目的=きのこの採集や自然とのふれあいを通じ、地域住民がコミュニケーションを深める機会を設ける▽活動頻度=月1回程度▽問い合わせ=新明功さん【電話】044(986)2198まで。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク