麻生区版 掲載号:2011年10月28日号
  • googleplus
  • LINE

巨大な獅子が町内を巡回 「有楽こども曳山祭り」が盛況

太鼓や笛の音が祭りを一層盛り上げた
太鼓や笛の音が祭りを一層盛り上げた

 巨大な獅子を引き巡る「有楽こども曳山祭り」が今月16日、千代ヶ丘町内で行われた。秋晴れの中、近隣住民らが「エンヤ、エンヤ」と威勢良く声を上げ、獅子を乗せた山車をロープで力いっぱい引き、町内を練り歩いた。

 この祭りは、千代ヶ丘町内にある佐賀県唐津市の学生寮「久敬社塾」と、同町内をまとめる有楽自治会の縁で始まった。昭和40年代、学生寮を監督する塾監が地域住民と親交を深めようと、「唐津くんち」と呼ばれる故郷の祭りを再現したのがきっかけ。昭和52年には子ども祭りと合流し、地域の恒例行事として定着した。今年で46回目。

 6メートルほどの獅子は寮生らが新聞紙を張り合わせ、漆で固めて作成した。白の法被を着た寮生らが獅子の頭上で勇敢に音頭をとり、囃子の音色で祭りを賑わせた。山車が曲がり角に差しかかった瞬間、男衆が道幅ぎりぎりを通る獅子にあわせて歓声をあげると、祭りは一番の盛り上がりをみせた。

 子ども連れの井内敦子さんは「寮生たちの威勢が良くてとても楽しいし、親しみやすい」と話した。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク