麻生区版 掲載号:2011年11月18日号
  • googleplus
  • LINE

地域活性の着想を交換 「おやじの会」12団体が交流会

活動を報告する佐藤代表
活動を報告する佐藤代表

 川崎市北部や横浜市の「おやじの会」12団体が今月13日、情報交換会を行った。それぞれの団体が地域活性のために絞り出した様々な活動を報告しあい、今後に活かしていくことなどを確認した。

 「おやじの会」は、地域活性やより良い環境づくりなどを目指す父親たちによるボランティアグループ。地域ごとに組織され、自主的な活動を行っている。

 年に1度、区内外の数団体が集い、情報交換などを行う「神奈川おやこん」を開催しているという。

 今回は、麻生区虹ヶ丘を拠点に活動を展開している「虹ヶ丘おやじの会」(佐藤昭寿代表)がホスト役を務め、虹ヶ丘コミュニティールームを会場に12団体が集まった。

 挨拶に立った佐藤代表は「大きな震災に見舞われた今年ほど地域連携の必要性を感じた年はない。いつでも助け合える絆づくりのため、”おやじ”が出来ることを考えていきたい」と話した。

 各団体の活動報告の中では「人員確保」や「地域との連携」を重点課題に挙げるグループが多かった。地元養護学校の生徒らの協力を得ながら広報紙を配布する事例や、地域で活動拠点を運営する試みなどが発表されると、参加者からは「うちでも参考にしたい」といった声があがった。”おやじたち”は、今後も情報交換を積極的に行い、お互いのよいアイデアを共有していく方針を確認しあった。

 横浜市青葉区から参加したという男性は「横浜市と川崎市という枠組みを越えて協力し合えれば。自分たちと同じような考えで活動している人たちがいると思うだけでも頑張れる」と話していた。

 活動報告の後には、お互いの故郷について語り合う時間なども設けられ、同郷の”おやじ”らが意気投合する姿も見られた。
 

麻生区版のトップニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク