麻生区版 掲載号:2011年11月18日号
  • googleplus
  • LINE

市民の生活実態調査 「節電を意識」95%超 「震災後、食料備蓄」が6割

 川崎市はこのほど、7月から8月にかけて実施した「2011年度第1回かわさき市民アンケート」の結果を公表した。日常生活や行政に対する市民の意識に加え、東日本大震災後の災害対策の実態を調査した。

 アンケートは川崎市在住の20歳以上の男女3000人を対象に実施。48・4%にあたる1452人から回答を得た。すべて複数回答。

 震災後の節電状況では、61・2%が日常的に使用電力の節約を「ある程度意識している」、34%が「非常に意識している」と回答。「あまり意識していない」「意識していない」は計4・1%にとどまり、95%以上が節電を意識した生活を送っていた実態が伺えた。

 節電への家庭での取り組みを問うと、「無理のない範囲でエアコンを消し、扇風機、うちわを使う」が79・7%に上り、次いで「日中は照明を消し、夜間もできるだけ減らす」が76・1%、「エアコンは28度に設定する」が71・1%と続いた。

 日本の観測史上最大のマグニチュード9・0を記録した東日本大震災の発生を受け、市民の防災意識も調査した。「大震災を機に災害に備えて新たに行ったこと」について、「水・食料などの備蓄」との回答が57・7%と最も多く、次いで「非常用の物資の備蓄」が51%に上った。このほか、「連絡先や集合場所について家庭内でルールを決めた」が27・9%、「家具が倒れないように固定した」が15・1%を占めた。

 大震災発生時の災害情報の入手方法は「地上デジタル放送、データ放送」が33・1%と最多で、「パソコンによるインターネット」は19・3%、「携帯電話によるインターネット」が9・4%だった。

■報知器全て設置35・7%

 今年6月に備え付けが義務化された住宅用火災報知器の設置状況については、「必要な場所すべてに設置」が35・7%と最も高く、昨年10月の前回調査の22・7%より13ポイント上昇していた。このほか、「マンションなどに自動火災報知設備がある」が24・8%、「設置していない」は14・9%だった。設置のきっかけは「法や条例で義務化されているから」が52・5%と最も高い値を示した。

 川崎市は1975年から、地域住民の生活状況を把握し、市政運営や政策の立案に生かすため「市民意識実態調査」を開始。年に1回、1500人を対象に調査を進めていた。2006年からは対象者数を3000人、実施回数を年2回に拡大し、内容の充実を図っている。
 

麻生区版のトップニュース最新6件

新栽培アスパラが初出荷

商業地 堅調に上昇

麻生区公示地価

商業地 堅調に上昇

4月13日号

新百合など4駅で整備

自転車安全対策

新百合など4駅で整備

4月6日号

25年の歴史に幕

市民主催フリマ

25年の歴史に幕

4月6日号

合同チームで全国V

ネオホッケー麻生・多摩

合同チームで全国V

3月30日号

1年で登録数300超

市民活動団体検索サイト

1年で登録数300超

3月30日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク