麻生区版 掲載号:2011年11月25日号
  • googleplus
  • LINE

来月12日、古楽器の演奏会「音で辿るクラリネットの歴史」に出演する 満江 菜穂子さん 昭和音楽大学講師 32歳

音楽家の思い紐解きたい

 ○…母校でもある昭和音楽大学で講師を務める。同大の「ピリオド音楽研究所」で歴史的な楽器の研究を行う傍ら、クラリネット奏者としても活動する。来月12日に行われるレクチャーコンサート「音で辿るクラリネットの歴史」では、今から300年以上前に演奏されていたクラリネットを復刻し、時を越えた演奏を披露する。「音楽家のユーモアや、音に対する真剣さ、人間らしい機微に触れる機会をつくれれば」

 ○…1979年名古屋市生まれ。12歳の時、吹奏楽部で初めてクラリネットに出会った。音大に進学後、3年生の時に「ヤング・クラリネッティストコンクール」で第2位に輝く。大学院に進み、日本クラリネットコンクールに入選する実力を付けると、日本クラリネット協会が主催するクラリネットアンサンブルコンクールでグランプリを受賞した。古楽器としてのクラリネットの演奏を本格的に始めたのは大学院終了後。本場オランダに渡り、3年間研鑽を積んだ。

 ○…歴史的クラリネットの第一人者エリック・ホープリッチ氏に師事した経験が世界を広げた。ヨーロッパでは18世紀オーケストラやフライブルク・バロック・オーケストラなどと協演。古楽器の魅力と可能性を肌で感じた。「どんな時代の楽器でも、その時代では最先端。当時の音楽家たちが競うように求めた本当の音を紐解きたい」

 ○…来年2月にはモーツァルトの協奏曲を集めたコンサートに出演する。国内の歴史的楽器演奏者が一堂に会する機会。「時代奏法の研究者によるオケの一員となれることが嬉しい。ソロよりも大人数で一緒に奏でることが好きみたい」。歴史に名を連ねる音楽家の代弁者となるべく、精力的に演奏活動を続ける。
 

麻生区版の人物風土記最新6件

多田 貴栄さん

4月1日付けで麻生区長に就任した

多田 貴栄さん

4月13日号

徳永 友一さん

月9ドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛けた

徳永 友一さん

3月23日号

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

3月16日号

鈴木 孝之さん

麻生区少年野球連盟の会長を務める

鈴木 孝之さん

3月9日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

佐藤 忠男さん

10年目の開催となる「アルテリッカしんゆり」の実行委員長を務める

佐藤 忠男さん

2月16日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク