麻生区版 掲載号:2011年11月25日号
  • googleplus
  • LINE

農業まつり大盛況 品評会に地場産作物ずらり

野菜や果物が一堂に並び、来場者の目をひいた
野菜や果物が一堂に並び、来場者の目をひいた

 JAセレサ川崎が主催する「第15回農業まつり」が今月20日、市内各地で行われた。麻生区では柿生支店とセレサモスの2会場で行われ、目当ての農作物を手に入れようと多くの来場者が訪れた。

 農業まつりは、地元農家と消費者が交流する機会として毎年行われている。柿生の会場では区内で収穫された農作物の出来を審査する品評会が行われた。生産者が丹精込めて作ったサトイモや白菜、ミカンなど約50種280点が一堂に集められた。

 訪れた人々は1つひとつの作物の出来を見極めながら、思い思いのものを購入していた。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク