麻生区版 掲載号:2011年12月9日号
  • googleplus
  • LINE

たま日吉台病院が優勝 医師や薬剤師が野球大会

優勝を果たしたたま日吉台病院野球部
優勝を果たしたたま日吉台病院野球部

 社団法人川崎市病院協会が主催する第33回野球大会が開催され、区内王禅寺にあるたま日吉台病院(雨宮章病院長)野球部が優勝を果たした。

 同大会は川崎市病院協会に加盟している市内の病院スタッフらが交流する機会を設ける目的で実施されている。今年は14チームがトーナメント戦で緊張感のある試合を展開した。市内の病院で働く医師や職員らが白衣や制服から野球のユニフォームに着替えて白球を追った。

 同院は昨年にも優勝を果たしており、今年は連覇をかけ、よりいっそうの熱を込めて試合に臨んだ。

 試合には同院の総務課に所属する職員をはじめ、現役の医師や理学療法士、薬剤師らが一体となってチームを編成し、見事な連携を見せた。部員たちは仕事の休みをあわせて練習試合などを積極的に行い、今回の大会に向けて定期的に練習を行っていたという。

 監督を務めた同院の田中耕太郎副本部長(写真左上)は「長年かけて少しずつ育ててきたチームだけに感慨深い。この野球チームように職種や年代の壁を越え、皆が一つになって取り組むことはめずらしい。仕事にもいい影響がでるのではないか」と話していた。

 今回獲得した優勝杯や賞状は同院の院内に飾られる予定だという。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク