麻生区版 掲載号:2011年12月16日号
  • googleplus
  • LINE

電気工が紡ぐ物語 「明りを灯す人」を上映

心温まる一作
心温まる一作

 川崎市アートセンターで映画「明りを灯す人」の上映が始まっている。

 この作品は中央アジアに位置するキルギスの小さな村を舞台に、政治的変革に翻弄されながらもたくましく生きる電気工”明り屋さん”の姿を描いた意欲作。主人公の純朴な生き様と、文明の発展に過信しすぎず、人間本来の生活を尊重する姿が共感を呼んでいる。10年にはカンヌ国際映画祭に正式出品された。

 上映は現在開催中のイルミネーションイベント「kirara@アートしんゆり2011」に合わせて行われている。

 同作品を見られるのは今月28日(水)まで。会場は川崎市アートセンターアルテリオ映像館。12月17日(土)から12月23日(祝)までは午後6時からの上映。12月24日(土)から12月28日(水)までは午前10時からの上映となる。

 チケットは一般1800円、大学・専門学生は1400円、シニア・障がい者・付き添い・会員は1000円、高校生以下は800円。

 問い合わせは川崎市アートセンター【電話】044(955)0107まで。

【明りを灯す人】…2010年/キルギス・フランス・ドイツ・イタリア・オランダ/監督・主演=アクタン・アリム・クバト/出演=タアライカン・アバゾバ、アスカット・スライマノフ
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク