麻生区版 掲載号:2012年1月20日号
  • googleplus
  • LINE

高石神社で伝統の流鏑馬 新成人など400人が参加

成人への思いを矢に込めた
成人への思いを矢に込めた

 区内高石にある高石神社で今月9日、伝統の流鏑馬神事が執り行われた。

 同神社の流鏑馬は、馬に乗らず立ったままで的を射る「歩射(ほしゃ)」という形式で行われる。一般の参拝者が参加できることもあり、毎年多くの人で賑わうが、今年は例年を上回る人が訪れた。

 伝統に則り、弓は境内に生息する「ガマズミの木」を用いて作られる。宮司や氏子たちによる儀式が厳かに行われた後、参拝者らが矢を射ろうと長い列を作った。

 この日、成人の日を迎えた松岡ありささんが艶やかな晴着姿で歩射に挑戦すると、境内からは拍手がおこった。松岡さんは「20歳という人生の節目の年を、ぜひ良い年にしたいと思い参拝に訪れた。これまで育ててくれた親に感謝しつつ、私自身も精一杯頑張りたい」と話していた。

 この伝統行事は流鏑馬保存会(石塚長一会長)のメンバーらによって保存・継承されている。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク