麻生区版 掲載号:2012年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

小田急新百合ヶ丘駅 化学テロ想定し訓練 警察、消防、区役所が連携

通報を受け、駆けつける救急隊員ら
通報を受け、駆けつける救急隊員ら

 核、生物、化学兵器によるテロが起きた際の各機関の役割を確認し、有事に備える「NBCテロ対応合同訓練」が今月9日、新百合ヶ丘駅で実施された。消防、警察、区役所の職員らが有事の際の役割と対応を確認した。

 NBCとはそれぞれNuclear(核)・Bio(生物)・Chemical(化学)の略。これらの兵器による攻撃に対応する訓練として95年の地下鉄サリン事件や、2011年の世界同時多発テロの発生以降、各地で実施されている。

 訓練には神奈川県警(麻生警察署、NBC対応専門部隊)、麻生消防署、区役所、

市の危機管理対策室、同駅の職員ら総勢約100人が参加した。瀧峠雅介麻生区長らも駆けつけ、緊迫した訓練の経過を見守った。

 訓練では同駅多摩線のホーム上に倒れている乗客と、直近に放置された液体入りの不審物を駅員が発見し、通報。駆けつけた各機関の職員が不審物をサリンと断定し、化学テロによる重傷者3人を含む4人を救出して搬送するという想定で実施された。会場では消防関係者が化学兵器の被害を受けた人に対し、脈拍の計測や症状の確認などの応急処置を行った。警察は専用の機器を使い危険物質の特定と除去を行い、区役所が近隣の医療機関などに要救助者受け入れの交渉を行った。応急処置と除染作業は専用の防護服を身にまとった署員の手で行われ、同駅の利用者らは興味深そうに訓練の様子を見守っていた。

 区内でのNBCテロ対応訓練の実施は2010年に黒川駅で行われたのに続き2回目。

 訓練に参加した小林英木麻生消防署長は「近年は政府や公共施設ではなく、不特定多数の一般市民を狙ったテロも増えている。電車内で不審物を見つけた時にはただちに駅係員に通報してほしい」と話していた。
 

麻生区版のトップニュース最新6件

新栽培アスパラが初出荷

商業地 堅調に上昇

麻生区公示地価

商業地 堅調に上昇

4月13日号

新百合など4駅で整備

自転車安全対策

新百合など4駅で整備

4月6日号

25年の歴史に幕

市民主催フリマ

25年の歴史に幕

4月6日号

合同チームで全国V

ネオホッケー麻生・多摩

合同チームで全国V

3月30日号

1年で登録数300超

市民活動団体検索サイト

1年で登録数300超

3月30日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク