麻生区版 掲載号:2012年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

復興願い つるし雛展示 早野で今月末まで

色とりどりのつるし雛に願いを込めて
色とりどりのつるし雛に願いを込めて

 区内早野にある早野聖地公園事務所入り口に、可愛らしいつるし雛が展示されている。

 ちりめんやハギレを使って作られる小さなつるし雛は、初節句などに無病息災や良縁を祈願する江戸時代からの風習。長寿を願う「桃」や悪魔をはらう「猿っ子」などそれぞれに意味を持つ50種の細工がある。

 このつるし雛は横浜市青葉区在住の宝田年子さんがひと針ずつ丁寧に仕上げた。夫が勤める同事務所を人々の憩いの場にしたいと毎年作品を展示している。今年のつるし雛には被災地復興の願いが込められた。

 展示は今月末まで実施される予定。早野聖地公園(川崎市麻生区早野732)へのアクセスは、小田急線新百合ヶ丘駅からバス「虹ヶ丘小学校」下車徒歩8分。事務所は平日午前8時半から午後5時まで(土日祝は午前9時から午後4時まで)。問い合わせは早野聖地公園【電話】044・987・7855まで。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク