麻生区版 掲載号:2012年3月30日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

「花が見守る寺」に永代供養墓が完成

 500年の歴史を持ち、四季折々の花が咲くことから別名「しゃくなげ寺」とも呼ばれる常安寺に永代供養墓「安穏の苑」が完成した。

 永代供養墓とは墓石を必要としない集合墓。お墓を守る担い手がいない人などに代わり、お寺が永代にわたり供養と管理を行う。墓参りが定期的にできないご家族や、遠方の個人墓より自分の住んだ街で供養して欲しいという人からも好評だという。

 供養は日蓮宗の作法で行われるが、宗派は問わない。永代供養料も50万円〜で、その後の費用もかからないので安心だ。

 まずは同寺の歴史的な佇まいを味わいに立ち寄ってみるとよいだろう。
 

内部には柔らかな光が差し込む
内部には柔らかな光が差し込む

日蓮宗妙香山 常安寺

神奈川県川崎市麻生区7の42の1

TEL:044-988-3758

麻生区版のピックアップ(PR)最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク