麻生区版 掲載号:2012年4月27日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市 福祉車両など13台寄贈 被災者への支援基金を活用

寄贈された福祉車両が活躍(涌谷町町民医療福祉センター提供)
寄贈された福祉車両が活躍(涌谷町町民医療福祉センター提供)

 川崎市はこのほど、昨年3月の東日本大震災の被災地のうち、宮城、岩手、福島各県の計13自治体に、福祉車両と車いすそれぞれ13台を寄贈した。

 市によると、大震災発生後、介護が必要な高齢者らのための福祉車両や車いすの提供を求める声が多く寄せられていた。市は、川崎市民の復興支援への思いを目に見える形で届けようと、震災発生後すぐに設置した「東日本大震災被災者等支援基金」を利用した支援事業として、今回初めて車いす仕様の福祉車両(軽自動車)を被災地に提供した。

 寄贈先は、3県内の市役所のほか、社会福祉協議会、町役場、医療福祉センターなど13自治体や団体。いずれも福祉車両を必要とし、寄贈を希望する自治体に送った。

寄贈に感謝「非常に助かる」

 地震で住宅が半壊するなどの被害が広がった宮城県の涌谷町にある町民医療福祉センターにも寄贈した。高齢者のためのデイケアサービスなどを提供している同センターによると、農村部が多い涌谷町では、介護を必要とする高齢者の送迎で狭い道を走る場合が少なくなく、走行には軽自動車が有効だという。同センターは、今回の寄贈に「福祉車両の提供があったのは川崎市からだけ。非常に助かっている」と話している。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

「加入者減」課題を共有

市子連

「加入者減」課題を共有

4月13日号

防犯アプリの配信開始

川崎市

防犯アプリの配信開始

4月13日号

藤嶋昭氏が講演

藤嶋昭氏が講演

4月13日号

衛生士会と連携を確認

県歯科医師会

衛生士会と連携を確認

4月13日号

中原区で特養開設へ

白山福祉会

中原区で特養開設へ

4月13日号

市民館で将棋の対局

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク