麻生区版 掲載号:2012年4月27日号
  • googleplus
  • LINE

手塩にかけた50種一堂に 細山郷土資料館で山野草展

 細山郷土資料館内を拠点に活動する細山郷土山草会が5月3日(木・祝)、同館内で「春の山野草展」を行う。

 山野草とは国内外の平地や高山などに自生する野生植物。珍しい花や草などが多いことから、愛好家が観賞目的で楽しむ。同会は山野草の魅力を広めるため、毎年同館内でイベントを開催している。

 会場では同会のメンバーが自家栽培したチョウジソウやムサシアブミ、イカリソウなど50種類ほどの山野草を展示するほか、山野草の苗の一部を販売する。区内で自生しているエビネなど地域に根付いた山野草も展示する。

 縄文土器づくりの実習も行われる。対象は子どもから大人まで。毎年15人ほどの参加希望者を集め、粘土から成形する。材料費は300円が必要。

 イベントの時間は午前10時から午後3時まで。土器づくりは午前10時から正午まで。雨天決行。入場無料。

 資料館へのアクセスは小田急線新百合ヶ丘駅から小田急バスで【1】千代ヶ丘行(1丁目経由)「千代ヶ丘7丁目」又は【2】よみうりランド行(金程経由)「細山交番前」、いずれも下車徒歩5分。

 詳細は同会の白井弘会長(【電話】044・966・4016)まで。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク