麻生区版 掲載号:2012年4月27日号
  • googleplus
  • LINE

地名研究者大会を開催 参加者を募集

 地名の研究者が集まる「第31回全国地名研究者大会」が6月9日(土)、10日(日)の2日間、川崎市国際交流センターと神奈川県三浦半島で開催される。主催は日本地名研究所。

 1日目は川崎市国際交流センターで研究者たちが報告会を行う。日本地名研究所所長を務める谷川健一氏が「災害地名の教訓」と題し基調報告をするほか、リアス・アーク美術館副館長の川島秀一氏が「津波と地名伝承」と題した記念講演を行う。各種講演後には懇親会が開かれる。2日目は大型バスで走水神社や浦賀灯明堂、城ヶ島・油壺諸磯隆起海岸などを巡る三浦半島探訪を予定している。

 大会参加費は2千円(懇親会は別途6千円)、三浦半島探訪の参加費は6千円となる(要申込み)。

 一般の参加も可能。希望者は日本地名研究所に電話し関連資料を請求。資料に同封されている往復はがきの必要条項を明記し、「日本地名研究所〒213-0001川崎市高津区溝口1の6の10 川崎市生活文化会館4階」まで郵送。5月9日(水)必着。

 1日目は午前10時から午後5時10分(懇親会は午後6時から)。2日目は午前8時半から午後5時半。

 詳細は同研究所【電話】044・812・1106まで。

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク