麻生区版 掲載号:2012年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

災害時要援護者避難支援制度 登録者は全体の2割 共助にプライバシーの壁

 災害時に自力で避難することが困難な在宅高齢者や障害のある人を地域で支える「災害時要援護者避難支援制度」の登録数が対象総数の2割程度にとどまっていることが分かった。市では今年度、各地の包括支援センターや民生・児童委員の協力を得ながら登録を呼びかけていくという。

 この制度は、災害時の要援護者支援を目的に、自力で避難することが困難な在宅高齢者や障害のある人を地域で支援するための制度。名簿を作成し、地域での自宅訪問や震災時の安否確認、風水害時の避難支援につなげる。風水害で高齢の犠牲者が多かったことから内閣府が2005年に各自治体に呼びかけ、川崎市では08年に創設された。

 市健康福祉局によると、市内の対象者は2万5000人から2万7000人。しかし、今年4月末現在の登録数は5438人と、2割程度。これについて市担当者は「地域の自治会などに個人情報が提供されるため、プライバシーを気にする人もいる」と分析する。

 また、登録者数の割合には登録方法も影響する。川崎市では、自ら希望した人の情報を名簿に記載する「手上げ」方式をとる一方、約11万8千人いる対象者の約半数が登録している横浜市では、登録を希望しない人の情報を名簿から除く「手下げ」方式を採用する。

 市では今年度、地域の包括支援センターや民生・児童委員の協力も得ながら、制度の周知と登録を呼びかけていく方針。市担当者は「登録にはあくまでも本人や家族の同意が大切。プライバシー保護も考えながら、登録者を増やしていきたい」としている。
 

麻生区版のトップニュース最新6件

新栽培アスパラが初出荷

商業地 堅調に上昇

麻生区公示地価

商業地 堅調に上昇

4月13日号

新百合など4駅で整備

自転車安全対策

新百合など4駅で整備

4月6日号

25年の歴史に幕

市民主催フリマ

25年の歴史に幕

4月6日号

合同チームで全国V

ネオホッケー麻生・多摩

合同チームで全国V

3月30日号

1年で登録数300超

市民活動団体検索サイト

1年で登録数300超

3月30日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク