麻生区版 掲載号:2012年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

シンガーソングライターとして被災地でコンサート活動を行う みるい みなさん(本名:鈴木直美さん) 白鳥在住 61歳

音楽で被災地癒したい

 ○…宮城県亘理(わたり)郡亘理町と山元町に住んでいた縁から今月12、13日、同地で被災地の復興を願うコンサートを開催した。シンガーソングライターとして活動して約40年。歌だけでなく、ピアノの弾き語りなどでメッセージ性あふれる音楽を聴衆に届けてきた。「震災から1年が経過した今なら心の整理ができて演奏に耳を傾けられるはず。日常から離れてゆっくり物事を考えられる時間を過ごしてほしかった」と振り返る。

 ○…昭和26年、五力田生まれ。幼少期からピアノを習い、物心付く頃には音楽の道に進むことを決めていた。国立音楽大学卒業後は詩人や演出家として活動していた寺山修司氏主宰の劇団「天井桟敷」でピアノ伴奏者として活躍。その後は音楽家として演劇や踊りなどにも挑戦し、表現の幅を広げた。「私にとって音楽とは思いを伝える道具。会話では伝えきれない思いや喜怒哀楽を音楽に込めて演奏している」

 ○…忙しい日々の中で欠かせないのが3匹の愛犬たちとの時間。愛くるしい表情と健気な姿が創作活動に力をくれると、時間があれば散歩に出掛ける。最近はミニチュアダックスフンドの愛犬ココアとフライボール競技会に出場することが目標で、日々の訓練に余念がない。「一途で一生懸命な我が子の姿を見ると私も頑張らなきゃという気持ちになる」と笑みをこぼす。

 ○…震災以降はオリジナル曲をCD化して発売、収益金を義援金に充ててきた。今回のコンサートで人々の心の傷を癒すことができると手ごたえを感じた。「音楽でまだまだ出来ることはあるはず」と意気込む。今後は亘理郡の街並みを歌詞にしたオリジナル曲「亘理の潮風に吹かれて」を合唱曲にアレンジし、現地に送ろうと考えている。「大人と子どもが合唱で心を一つにし、故郷への思いを新たにすれば復興の力になるはず。町民が主役となる楽曲を送りたい」と声を弾ませる。
 

麻生区版の人物風土記最新6件

多田 貴栄さん

4月1日付けで麻生区長に就任した

多田 貴栄さん

4月13日号

徳永 友一さん

月9ドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛けた

徳永 友一さん

3月23日号

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

3月16日号

鈴木 孝之さん

麻生区少年野球連盟の会長を務める

鈴木 孝之さん

3月9日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

佐藤 忠男さん

10年目の開催となる「アルテリッカしんゆり」の実行委員長を務める

佐藤 忠男さん

2月16日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク