麻生区版 掲載号:2012年6月22日号
  • googleplus
  • LINE

廃油石けんを広める活動に取り組む「グループせっけんの家」の代表を務める 藤原 美子さん 栗平在住 53歳

「排水口の先」守れる未来に

 ○…家庭ででた使用済みてんぷら油から作る石けんを広めようと地域で講座などを開く。3年前、会が資金不足で活動休止に追い込まれる最中、代表に就任した。成果が見えない現状に意気消沈する雰囲気を何とか盛り上げようと試行錯誤の日々が続いた。主催者と参加者、双方が楽しみながら環境への意識を高められる方法としてイベント型講座に着目。料理教室などを通じ、参加者が実際に石けんを使用する機会を積極的に設けることで周知の裾野を広げた。

 ○…1959年、東京都生まれ。小学校1年から始めたピアノが進路を決めた。音大に進むと、卒業後は音楽講師に。結婚後は近所の子どもたちにピアノを教える日々が続いている。栗平で始めたピアノ教室も今年で20年目。当時から通う子どもたちが大人になる様を見ると感慨深い。「生徒さんたちの成長を見ていると、何事にもじっくりと時間をかけることが重要だと気付かされる。良さと喜びを感じてもらうことが大切」。水環境を守る活動にも通じるセオリーを見つけた気がしている。

 ○…環境問題を長いスパンで見たとき、未来を担う子どもたちに思いを伝えていくことの重要性を感じた。夏休み親子講座を開くのもそのため。現在市内にある約100の小学校で食器洗いなどに使用されている廃油石けんの存在を子どもたちに知ってもらいたいと奔走する。「廃油石けんが学校で使われていることを知らない子も多い。資源循環を身近なところから気付いていってほしい」

 ○…石けんの普及に留まらず、今年は「排水口の先」を見据えた活動をしていきたいと考える。地域を流れる麻生川の水質調査を企画し、多くの人に水環境を意識してもらおうとアイデアを巡らせる。「ゆくゆくは麻生区内だけでなく、”流域”を意識した活動にも参加したい。多くの人と手を取り合って水環境を守っていければ」
 

麻生区版の人物風土記最新6件

多田 貴栄さん

4月1日付けで麻生区長に就任した

多田 貴栄さん

4月13日号

徳永 友一さん

月9ドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛けた

徳永 友一さん

3月23日号

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

3月16日号

鈴木 孝之さん

麻生区少年野球連盟の会長を務める

鈴木 孝之さん

3月9日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

佐藤 忠男さん

10年目の開催となる「アルテリッカしんゆり」の実行委員長を務める

佐藤 忠男さん

2月16日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク