麻生区版 掲載号:2012年6月22日号
  • googleplus
  • LINE

「介護の印象変えたい」 区内事業所が協同し催し

 区内にある訪問介護の事業所からなる「麻生区訪問介護事業所連絡会」が介護職支援イベント「キネステティクスを知り、介護を知ろう」を7月11日、麻生市民館(麻生区万福寺1の5の2)1階大会議室で開催する。時間は午後6時から午後8時まで。

 当日は所沢リハビリテーション病院で看護師長を務める京田栄治氏を講師に迎え、実習も行う。

 このイベントは今年1月の第1回に続き、2回目の実施となる。前回のイベントでは約60人が参加し、キネステティクスに挑戦。好評を博したことから今回の実施が決定した。

 介護ヘルパー2級の資格を持ち、現在介護職に就いていない人を対象に行われるが、介護に興味のある無資格の人の参加も受け付けている。

 キネステティクスとは自然な動作を生かした介助法で、被介助者の健康増進につながると同時に、介助者への負担も少ないと言われている。ドイツ語圏ヨーロッパでは1970年代頃から看護・介護に取り入れられている。近年は国内でも介護従事者の間で広がっているという。

 同会の五十嵐さんは「いまだに介護は辛い、大変という印象を持っている人が多いように思う。こういったイベントを開催し、少し

でも介護のイメージを明るくしていければと思う」と話した。

 参加希望者は事前に電話で申込みを。当日はバスタオルを1枚持参のうえ、動きやすい服装で来場のこと(ジーンズやベルトの着用は不可)。

 問い合わせ、申込みはワーカーズコレクティブグループとも(【電話】044・953・8656)高橋さんまで。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク