麻生区版 掲載号:2012年6月22日号
  • googleplus
  • LINE

「生きた花の魅力を知って」 市民農園で交流イベント

ラベンダーの見ごろは7月中旬まで
ラベンダーの見ごろは7月中旬まで

 区内の市民農園「片平楽農倶楽部」(片平1527の12)とフラワーアレンジメント教室が協同し、花を通じた交流イベントをあす23日から実施する。

 このイベントを企画したのは同農園代表、三浦武雄さんと区内栗平でフラワーアレンジメント教室を営む田中貴美子さん。毎年6月の下旬から摘み取り体験を行っている同農園で、摘んだ花を活用して楽しんでもらえればとアレンジメント講座の実施を決めたという。

 田中さんは「自分で摘んだ花をアレンジメントにできる機会はとても貴重。ただ活けるのではなく、花の自然な姿や雄大さを知ってほしい」と話していた。

 ラベンダー摘み取りの実施日は7月中旬までの土曜、日曜日。フラワーアレンジメントの講習は30日・7月7日・14 日の午後1時から午後4時まで受け付ける。アレンジメント講習の参加費は500円。材料費として、ラベンダー1本あたり10円、カゴやオアシスを使う場合は別途費用が必要となる。

 事前予約は不要。詳細・問い合わせは片平楽農倶楽部(【電話】044・986・1412)の三浦さんまで。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク