麻生区版 掲載号:2012年6月22日号
  • googleplus
  • LINE

地元企業が食育指南 岡上小で大豆の種まき

慎重に大豆を植えていった
慎重に大豆を植えていった

 区内岡上で納豆の製造・販売を手掛ける(株)カジノヤ(梶俊夫社長)が14日、市立岡上小学校の3年生を対象に大豆まきの特別授業を実施した。児童には同社提供の大豆が配布され、同社の梶社長や社員の指導のもと大豆の種まきが行われた。

 この試みは「大豆栽培を通じて子どもたちに食べ物の大切さを学び、食への関心を高めてもらいたい」と、同社が5年前から実施している。

 昨年、授業で植えた豆を鳩に掘り起こされ食べられた経験から、今年配布された豆は専用の染料で鳩の嫌う赤色に染められた。

 参加した児童は「意外と難しかった」「芽が出るのが今から楽しみ」と豆が植えられた畑を前に、満足そうに話していた。

 当日植えられた大豆は秋に収穫され、同社の協力のもと納豆などの大豆製品に加工される。児童もその工程に立ち会い、無地の納豆カップに絵をつける。年明けに同小で開催される「岡上ふれあいフェスティバル」で児童による展示などの「成果発表」が行われるという。

 梶社長は「岡上は自然にも恵まれ、地域の方も協力的で食育には最適の地。子どもたちにはこの体験を通して多くのことを学んでほしい」と話した。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク