麻生区版 掲載号:2012年7月13日号
  • googleplus
  • LINE

流しそうめんを満喫 こどもセンターで風物詩

おぼつかないはし使いでそうめんを楽しんだ
おぼつかないはし使いでそうめんを楽しんだ

 柿生こども文化センターが地域交流イベント「流しそうめん大会」を今月7日、同センターと同センター前の路上で開催した。

 今年は曇天にもかかわらず、昨年よりも40 人ほど多い約150人の親子連れが参加。長さ約16メートルの竹を流れるそうめんと、かき氷を楽しんだ。

 流しそうめんは同センターで毎年行われている恒例行事で、毎年多くの周辺住民がマイカップとマイ箸を持ちよって集まる同館の人気イベントの一つ。

 日頃、地域で交通整理などを行っている「東柿生小学校区防犯パトロール隊」のメンバー12人もボランティアとして参加し、子どもたちに声をかけながら麺を流していた。

 同センターの三ツ口知恵子館長は「今年は参加者が多く、麺をゆでるのが追い付かなくなるほど盛況だった。嬉しい悲鳴です」と話していた。

 参加した子どもたちは「おいしい、もっと食べたいね」と口にしながら、竹筒の中を流れるそうめんを懸命にすくっていた。

 同センターは、川崎市が子どもの居場所づくりを目的に運営する公共施設。区内に10カ所あり、定期的に子どもを対象としたイベントなどを開催しており、年間を通じて多くの子どもたちが集まる。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク