麻生区版 掲載号:2012年7月20日号
  • googleplus
  • LINE

「皆で社会を明るくしよう」 新百合駅前で啓発活動

子どもたちにも啓発物を配った
子どもたちにも啓発物を配った

 社会を明るくする運動麻生地区推進委員会が14日、新百合ヶ丘駅南口デッキで街頭キャンペーンを行った。社会を明るくする運動は「すべての人が犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない明るい社会を築こう」をテーマに啓発活動などを行う全国的な運動。麻生地区推進委員会は、保護司会を中心に社会福祉協議会、町会連合会、民生委員児童委員協議会、青少年指導員会、子ども会連合会、体育指導員会、人権擁護委員、交通安全母の会、ロータリークラブ、ライオンズクラブ、川崎フロンターレ、小学校校長会、中学校校長会、麻生警察署などからなる。

 会場には同委員会から約50人が集まり、通行人にウチワやティッシュ、チラシなどの啓発物1千セットを配布した。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク