麻生区版 掲載号:2012年7月27日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市 北部は雨水浸透の回復へ 水環境保全計画案を公表

 川崎市は18日、水環境保全計画(案)を公表した。臨海部から丘陵地まで細長く伸びる川崎市を5つの環境区に分類し、特性にあった施策に取り組む。宮前区や多摩区と麻生区の一部には重点的に雨水の浸透能力を回復させる施策が盛り込まれた。

宅地化でかん養低下

 市によると、近年の人口増加によって土地の宅地化が進んで雨水浸透面積が減少した結果、地下水かん養機能が低下しているという。同計画は、現行の河川水質管理計画と地下水保全計画をまとめる形で水環境の構成要素を総合的に捉え、新たな施策を素案に盛り込んだ。

 計画の基本的な考え方に【1】水環境を水量、水質、水生生物、水辺地の4つの構成要素として総合的に捉えた施策の推進を図る【2】健全な水循環を確保するために雨水浸透機能の回復を図る――の2項目を打ち出した。4つの構成要素には生物の生育環境保全を視点にそれぞれの目標を示した。

新築戸建てに浸透ます

 計画では地形や地質などを考慮して市域を5つの環境区に分類した。

 麻生区の南西側を鶴見川流域の台地・丘陵地としてA1区域に分類。宮前区全域と麻生区・多摩区・高津区の一部は多摩川流域としてA2区域とした。多摩区の北東部は扇状地性低地としてB区域、中原区・幸区の全域、高津区の南東部、川崎区の北西部は低地部としてC区域、川崎区東部の埋立地をD区域とした。

 A1とA2の区域では土地のかん養能力の保全・回復に取り組む。市は雨水浸透ます設置の普及促進を図るため、一戸建て新築などを対象に新たな制度や仕組みを設ける方針。適切な設置を進めるため、年明けをめどに(仮称)雨水浸透能力判断マップを作成するとしている。

パブコメ実施

 川崎市は計画案について市民の意見を受け付けるパブリックコメントを8月17日まで実施する。計画案は市のHPや各区役所の市政資料コーナーなどで閲覧できる。
 

麻生区版のトップニュース最新6件

新栽培アスパラが初出荷

商業地 堅調に上昇

麻生区公示地価

商業地 堅調に上昇

4月13日号

新百合など4駅で整備

自転車安全対策

新百合など4駅で整備

4月6日号

25年の歴史に幕

市民主催フリマ

25年の歴史に幕

4月6日号

合同チームで全国V

ネオホッケー麻生・多摩

合同チームで全国V

3月30日号

1年で登録数300超

市民活動団体検索サイト

1年で登録数300超

3月30日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク