麻生区版 掲載号:2012年8月24日号
  • googleplus
  • LINE

かわさき産業親善大使を務める 神崎 順さん 栗木在住 

「川崎を芸術と愛の街に」

 ○…夢のように華やかなレビューの世界にあこがれ、大学を卒業後すぐに学生を中心とする劇団をたちあげた。初演の舞台は麻生市民館。初日の幕が開く瞬間に感じた高揚は今でも忘れない。脚本から振付、演出や衣装まで全てを一人でこなし、ステージを「神崎ワールド」一色に染め上げる。今年は市にゆかりのある有名人らが任命される「かわさき産業親善大使」を務め、舞台を通して全市に夢と希望を届けようと奮闘する。

 ○…東京都世田谷区生まれ。幼少の頃は毛布を衣装に見立て、親族の集まる場でよく歌って踊った。3歳から日本舞踊を習い、表現の基礎を学んだ。16歳の時に多摩区に移住。「川崎は多くの時間を過ごした街。いつかレビューで恩返しをしたい」。桐朋短大で演劇を学び、22歳で劇団「スターダストパフォーマンス」を立ち上げた。かつての日劇や、宝塚に代表される「レビュー」の世界に魅せられ、多くの作品を世に送り出してきた。

 ○…舞台や稽古のない日は旅行に行き、羽を伸ばす。「回遊魚のように、動き回っていないと駄目な性格。自宅でゆっくり過ごす日はあまりない」。旅先では舞台での緊張感から解放され束の間の休息を楽しむが、気づけばブロードウェイの華やかなステージを前に、早く演じたいと疼いている自分に気づく。「旅行であっても、何かを感じ取って帰りたい。華やかなものだけではなく、できるだけ多様な世界に触れたい」

 ○…今後の目標は、自分が生まれ育った川崎で、著名人を集めたステージを成功させること。「自分が産業観光大使を務めている間に、何としても実現したい」と意気込む。「川崎市民の歌『好きです かわさき愛の街』のように、川崎を愛の街にしたい。レビューにはその力がある」。将来的には、川崎発の名物として「神崎流」の舞台を広げ、全国に発信しようと目論む。舞台演芸を通じ、地元川崎の新たな幕開けに挑戦する。
 

麻生区版の人物風土記最新6件

多田 貴栄さん

4月1日付けで麻生区長に就任した

多田 貴栄さん

4月13日号

徳永 友一さん

月9ドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛けた

徳永 友一さん

3月23日号

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

3月16日号

鈴木 孝之さん

麻生区少年野球連盟の会長を務める

鈴木 孝之さん

3月9日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

佐藤 忠男さん

10年目の開催となる「アルテリッカしんゆり」の実行委員長を務める

佐藤 忠男さん

2月16日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク