麻生区版 掲載号:2012年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

学展優秀賞の栄冠に 区内在住冨田ひかりさん

30号の大きなキャンバス一杯に日常を描いた
30号の大きなキャンバス一杯に日常を描いた

 別名「絵画の甲子園」とも呼ばれる全国規模の絵画コンクール「学展」で、区内在住の冨田ひかりさん(11歳)が、教室での一コマを描いた作品「4年2組の休み時間」で優秀賞に輝いた。

 冨田さんは南百合丘小学校に通う5年生。小学2年生から絵を習い始め、昨年に続き2年連続での優秀賞受賞となった。

 今回、冨田さんは「仲の良い学校の友達や思い出の風景を絵として残したい」との思いから、休み時間の教室を題材に選んだという。

 冨田さんは「中学校でも絵を続けて、最優秀賞を取りたい」と話した。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク