麻生区版 掲載号:2012年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

自然の中で作品作り 市民健康の森でイベント

錐の使い方を1から教わりながら、恐る恐る青竹に穴をあけた
錐の使い方を1から教わりながら、恐る恐る青竹に穴をあけた

 川崎・多摩美の山トラストの会(岡村克彦代表)が25日、夏休み特別企画「森のアトリエへ!―多摩美の山でみどりの作品づくり―」を開催した。

 周辺地域に住む小学生ら36人と保護者17人が参加し、同会会員らの手解きをうけながらシュロの葉を使ったバッタ作りや、竹細工に挑戦した。

 今年が初めての試みとなる竹細工のコーナーでは、日本民家園(=多摩区)で活動する民技会「竹細工グループ」のメンバーが集い、子どもたちと共にぶんぶんごまやサッカーボールを製作した。初めて刃物を扱う子どもたちに向けて「刃物の使い方講習」が実施され、子どもたちには「ナイフを安全に使えます」と書かれた修了証が配られた。

 岡村代表は「また来たい、という声があって良かった。このようなイベントを通じて、次世代を担う子どもたちに森の大切さや、残していきたいという気持ちが伝えられたら」と話した。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク