麻生区版 掲載号:2012年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

9月23日に麻生市民館大ホールで舞台「日本伝統芸能の華」を開催する 藤間 勘七孝さん 上麻生在住 74歳

古典芸能の魅力を世界へ

 ○…日本舞踊の師範として多くの弟子をもつ。持ち味は身近な題材をもとに1から作り上げる舞台。独自の世界観が評判を呼び、世界中で公演を重ねる。麻生区分区の際には市民館の建設準備委員として大ホールの設計にも携わるなど、「芸術のまち麻生」の礎を築いた。来月23日には同ホールで禅師丸柿などをテーマにした舞台「日本伝統芸能の華」を披露する。

 ○…1938年東京生まれ。小学生の時に疎開先の埼玉県で目にした祭りの舞踊に魅せられ、戦後間もなく踊りを始めた。30歳で夫の転勤に伴いニューヨークに渡る。現地の大学に通い、様々な文化の踊りに触れた。「本場のミュージカルは、ものすごく華やかでリズミカルで刺激的。衝撃を受けた」。他国の文化に惹かれていた自分に、異国の友人がかけた一言にはっとさせられた。『あなたの国はアメリカと違い、長い歴史と独自の伝統文化を持っている。それを大切にして欲しい』。以来、様々な文化を取り入れながらも伝統を重んじた舞台づくりを行っている。

 ○…舞台の題材には、地元に伝わる伝承や、エピソードを好んで使用する。中でも評判を呼んだのは、地域に伝わる「金色姫」の伝説をモチーフにした「シルクロード〜金色姫物語〜」。昨年は中国杭州のファッションショーの舞台上で演じ、喝采を浴びた。「表現には限界や国境がない。そこが踊りの面白いところ」

 ○…今後の目標は「古典芸能の素晴らしさを伝え、後進を育てること」。小学校での体験教室などを積極的に行っている。来月の舞台では柿の実幼稚園の園児らと共演し、禅師丸柿の原木を演じる。15年前にも同じテーマを扱ったが、その心情は一変した。「以前は柿の木が次々と切られ、忘れられゆく禅師丸柿の寂しさを表現した。今年は区の指定木になるなど、再度脚光を浴び始めた柿の木の嬉しさを表現したい」。更なる深みをめざし、世界の舞台で舞い続ける。
 

麻生区版の人物風土記最新6件

多田 貴栄さん

4月1日付けで麻生区長に就任した

多田 貴栄さん

4月13日号

徳永 友一さん

月9ドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛けた

徳永 友一さん

3月23日号

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

3月16日号

鈴木 孝之さん

麻生区少年野球連盟の会長を務める

鈴木 孝之さん

3月9日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

佐藤 忠男さん

10年目の開催となる「アルテリッカしんゆり」の実行委員長を務める

佐藤 忠男さん

2月16日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク