麻生区版 掲載号:2012年10月26日号
  • googleplus
  • LINE

日本文化の深層を見る 和光大学でシンポジウム

 和光大学総合文化研究所が11月24日、「いざなぎ流研究の現在と物部フィールドワークの12年」と題したシンポジウムを行う。時間は午前10時から午後6時まで。

 土佐・物部に伝わる民間信仰「いざなぎ流」の魅力と歴史から、日本文化の深層とその可能性を探る。第1部(午前11時から)として、2000年から同大学が実施している高知県の山村へのフィールドワークの12年を振り返る。映像と写真で歴史をたどる。いざなぎ流神楽保存会と和光大学生が舞神楽を行う。

 第2部(午後1時半から5時50分)は「いざなぎ流研究の新時代へ」と題したシンポジウム。研究の第一人者が終結し、今後の可能性を探る。第2部でもいざなぎ流舞神楽「えびすの倉入れ」が行われる。入場無料。

 詳細は同大学企画室(【電話】044・989・7497)まで。

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク