麻生区版 掲載号:2012年10月26日号
  • googleplus
  • LINE

子どもの未来を考える 麻生小学校で集会

 子どもの未来をひらく川崎集会実行委員(しろたにまもる実行委員長)が11月11日、麻生小学校で「子どもの未来をひらく川崎集会」を開催する。 

 幼児から高校生や青年までの子育てや教育に関わる教職員と父母、市民が集まり、子どもの未来について考える。開会セレモニーは午前10時から。麻生小PTAコーラスが合唱を披露する。腹話術師でもあるしろたに実行委員長の挨拶も行われる。

 子ども広場では午前10時半から正午まで、むかし遊びや科学遊び、ものづくりなどが体験できる。本格的なべっ甲飴づくりの見学も行われる(1本100円)。同じ時刻に記念対談も行われ、小説家で児童文学作家のあさのあつこさんが作家としての思いを語る。あさのさんは小説『バッテリー』の著者。子どもや創作活動について語る。

 午後1時からは分科会として▽赤ちゃんマッサージ▽小学校の授業づくり▽小学生の子育て懇談会▽中高生―進路をひらく力を高めていくために▽不登校を考える▽映画「かすかな光へ」観賞&トークなどが行われる。保育あり。資料代として500円が必要(高校生までは無料)。問い合わせは事務局(【電話】044・944・0552)小山さんへ。

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク