麻生区版 掲載号:2012年11月16日号
  • googleplus
  • LINE

明治大学黒川農場で農場長を務める 玉置 雅彦さん はるひ野在住 52歳

「次世代型農業」を川崎から

 ○…「スーパーで何気なく売られている1個のトマト。その裏側にあるドラマを体験して欲しかった」。農業に触れた経験がほとんどない現代の農学部生たちに、机上では学べない「生の農業」を体験させようと、都市型農場での実習に力を入れている。開所から約7カ月が経過した今月10日には、同農場初となる収穫祭を開催。地域と助け合い、開けた施設を目指して前進を続ける。

 ○…1960年大阪生まれ。小さな頃から朝顔の栽培などの土いじりの好きな少年だった。高校生当時、日本が食糧危機に直面したのを機に、国の食糧事情の根本を支える農学に興味を持った。農業大学に進学後、水耕栽培の研究に没頭。大学に残り、教鞭を執りながら次世代型農業研究の第一人者として活躍し、昨年10月、明治大学黒川農場の農場長に就任した。自身が受け持つアグリサイエンス研究室のテーマは「夢のある農業を実現しよう」。環境にも優しい、農学に工学の技術を融合した次世代型の作物生産システムの実現を目指している。

 ○…IT化が進み、若者の農業に対する考え方の変化を日々肌で感じている。「かつて農学というと、原始的で体力勝負のイメージがあった。近年は女子学生も増加し、実習への意識が高い学生が多い」。より多くの若者が農学に興味を持ち、将来日本の農業を支えるような人材として育っていくのを心待ちにしている。

 ○…今後の目標は、農場をより地域にひらけた、身近な施設にすること。地域の祭りやイベントにはこまめに顔を出し、農場の周知を地道に図っている。地域共生を農場コンセプトの1つに挙げ、地元企業や行政との連携強化を図っている。「市が構想する『農業公園づくり事業』の中核として、農業をするために他所から人が集まるような場所にしたい。農業を、未だ工場地帯のイメージが強い川崎の新名物にするのが今の目標」

麻生区版の人物風土記最新6件

多田 貴栄さん

4月1日付けで麻生区長に就任した

多田 貴栄さん

4月13日号

徳永 友一さん

月9ドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛けた

徳永 友一さん

3月23日号

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

3月16日号

鈴木 孝之さん

麻生区少年野球連盟の会長を務める

鈴木 孝之さん

3月9日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

佐藤 忠男さん

10年目の開催となる「アルテリッカしんゆり」の実行委員長を務める

佐藤 忠男さん

2月16日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク