麻生区版 掲載号:2012年11月16日号
  • googleplus
  • LINE

武蔵武士・畠山重忠に迫る 横浜市歴博で特別展

 武蔵武士を代表する存在として歴史に名を残す畠山重忠の生涯に迫る特別展「畠山重忠―横浜・二俣川に散った武蔵武士」が横浜市歴史博物館で11月25日まで開催されている。

 重忠は人格、体力、容姿ともにすぐれた武士として伝えられる人物。鎌倉幕府に仕え、頼朝の右腕として手腕を発揮したが権力闘争の犠牲になり、横浜市旭区の二俣川で壮絶な最期を遂げた。

 特別展では重忠の出身でもある秩父平氏の台頭や、重忠の生涯、武蔵武士の諸相について展示する。

 観覧料は一般400円、大・高校生は200円、中・小学生は100円。開館は午前9時から午後5時まで(券売は午後4時半まで)。休館日は月曜日。

 横浜市歴史博物館(横浜市都筑区中川中央1の18の1)へのアクセスは、横浜市営地下鉄「センター北」駅下車、徒歩5分。

 問い合わせは同館(【電話】045・912・7777)まで。詳細はホームページ(http://www.rekihaku.city.yokohama.jp/)でも確認できる。

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク