麻生区版 掲載号:2012年11月23日号
  • googleplus
  • LINE

紅葉、区内で見頃に 公園や里山色付く

黄色いトンネルが続く虹ヶ丘公園
黄色いトンネルが続く虹ヶ丘公園

 区内の公園や里山などで紅葉が見頃となっている。区内虹ヶ丘1丁目にある虹ヶ丘公園では、イチョウの並木が黄色く色づき、訪れる人の目を楽しませている。 この公園にはほかに紅く色づくかえでや常緑樹なども植えられており、深まる秋が織り成す色のコントラストが美しい。

 この公園に毎朝来るという虹ヶ丘在住の中村さんは「毎日少しずつ色が変わっていく様が実は一番面白くてきれいなんです。犬の散歩をしながら、今年も堪能しました」と話していた。

 同公園は「虹ヶ丘おやじの会」をはじめとする多くのボランティアの手で維持管理されている。

 イチョウは気温がおよそ8度以下になると紅葉を始めると言われる。夜間や朝の気温が5〜6度になると、黄色の葉がより鮮やかになるという。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク