麻生区版 掲載号:2012年12月14日号
  • googleplus
  • LINE

「ポスト原発」考えるシンポ 和光大学で開催

 和光大学総合文化研究所と同大有志が1月12日、原発について考えるシンポジウム「ポスト原発時代を生きる@和光大学〜上関・祝島の現場から」を実施する。時間は午後1時から午後6時まで。

 約30年の月日をかけ、暴力的な手段を使わずに原発計画の凍結に成功した山口県の上関・祝島のケースを通じ、加熱する原発問題について考え、現在のエネルギーと自然環境について学び、意見を交わす。

 午後1時から、祝島や脱原子力を推進するスウェーデンにスポットを当て、「自然と共存できるエネルギー」について問題提起を行い話題となったドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」(鎌仲ひとみ監督/2010)を上映。

 午後3時35分からはシンポジウムを開催。鎌仲監督がトークショーを行い、同島活動メンバーで映画にも出演した山戸孝さんと高島美登里さんが現場報告「脱原発の島づくり構想」と「上関の自然を世界遺産に!自然を生かした町作りへ!!」を実施する。司会は同大教員の杉浦郁子さんが務める。

 会場は和光大学E棟101教室。定員は300人、参加無料。事前の申し込みは不要。駐車場がないため、同大は公共交通機関での来場を呼び掛けている。

 会場の和光大学へは小田急線鶴川駅から徒歩20分。同駅徒歩5分の発着場から運行されるスクールバスも使用できる。アクセスの詳細や地図は【URL】http://www.wako.ac.jp/infomation/access.htmlで確認できる。

 シンポジウムに関する詳細・問い合わせは和光大学企画室(【電話】044・989・7497)まで。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク