麻生区版 掲載号:2012年12月21日号
  • googleplus
  • LINE

感染性胃腸炎が流行 市が警報を発令

 川崎市は5日、市内に感染性胃腸炎の流行発生警報を発令した。市健康福祉局によると、例年よりもやや早い時期の流行という。市は手洗いや調理器具の殺菌などの励行を呼びかけている。

 市は11月26日から12月2日までの1週間の感染性胃腸炎の患者報告数が流行発生警報の基準値(定点あたり20人)を超える26・38人となったことを受け、警報を発令した。12日に発表した調査結果でも、定点あたり25・18人と高い値で推移している。99年以降では全国的に大流行した06年の30・06に次ぐ水準で、例年を上回るペースで患者が増加している。

ノロウイルス増加

 感染性胃腸炎とは細菌やウイルスといった病原体の感染によって起こる胃腸炎の総称で、嘔吐と下痢が主な症状。夏場はサルモネラや病原性大腸菌などの細菌性胃腸炎が増加し、冬場はノロウイルスやアデノウイルスなどのウイルス性胃腸炎が増加する。

 特に11月から12月にかけてノロウイルスによる発生が多くなるという。全国では今年、新しい遺伝子変異のあるノロウイルスが広がっていることが確認されている。市健康福祉局は、市内でも新しいタイプのウイルスが広がっているとみている。

7割が5歳以下

 市内の患者を年齢別にみると、5歳以下が全体の7割を占める。年齢が上がるにつれて発生が少なくなる傾向がある。便や吐物がついた手、おもちゃを介して、病原体が口から入ることで感染するという。

手洗い・殺菌を

 同局では対策として▼トイレの後や食事前、外出後、子どものオムツを取り替えた後などの手洗い▼生鮮食品は十分に洗浄し、中心部までよく加熱すること▼調理器具の洗浄・殺菌―などの励行を勧めている。リーフレットやホームページを活用して啓発に努めるという。嘔吐や下痢が激しい場合は、水分をこまめにとり、医療機関で受診することを呼びかけている。特に乳児は脱水状態になりやすいので注意が必要という。
 

麻生区版のトップニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク