麻生区版 掲載号:2012年12月21日号
  • googleplus
  • LINE

釜炊きご飯に舌鼓 児童が収穫祭

おこげの具合を言い当てる水野さん(中央)
おこげの具合を言い当てる水野さん(中央)

 王禅寺中央小学校の5年生が14日、自分たちで育てた米を釜戸で炊いて味わう収穫祭を行った。

 児童らは学校の敷地内にある田んぼで、1年間を通じ稲作を体験してきた。近隣に住む水野英雄さんの協力により、今年は約20kgの米を収穫した。

 水野さんはこの日、自ら4台の釜戸を持参し、慣れた手つきで火をくべていった。子どもたちは初めて見る釜戸に興味津々の様子で「これで本当に米が炊けるんですか?」「火加減はどのように行うのですか?」などと質問していた。

 水野さんが釜戸のひとつを指差して「このお釜の中にはおこげができています。香ばしい匂いでわかるんです」と話すと、児童らは「蓋をあけずに分かるなんてすごい」と驚いた様子だった。 この日、児童らは釜戸で炊いたご飯と、味噌汁を昼食として堪能した。水野さんは「いつもの給食ほどおかずがなくても、釜で炊いたご飯の美味しさが分かる子は何度もおかわりと言ってくる。お米や食の大切さを学んでくれれば嬉しい」と話した。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク