麻生区版 掲載号:2012年12月21日号
  • googleplus
  • LINE

元川崎フロンターレの選手で、現在はコーチとして子どもたちの指導にあたる 佐原 秀樹さん 横浜市在住 34歳

サッカーの魅力、次世代へ

 ○…2010年の引退後、昨年から川崎フロンターレの育成・普及部でコーチに着任。多くの小学生にサッカーの技術を伝えている。「答えを教えるより、子どもに考えさせるように言葉を掛けている。ボール扱いが上手くなるのを見ると嬉しい」。今月4日、高校生向けの職業体験で講師を務めるなど幅広く活動している。

 ○…川崎フロンターレで12年、FC東京で2年にわたり活躍。「プレーはハードでも気持ちは冷静に」。ディフェンダーとして常に自分にそう言い聞かせて試合に臨んだ。「負けず嫌いじゃないとプロにはなれません。いまの子たちには、もっとアグレッシブなプレーがあっても良い」。ディフェンダーは「ボールを奪う楽しさ」と、相手にゴールを許さない重責を感じながらピッチを駆け回る。「ディフェンスは本当に奥が深いと思う」

 ○…アニメで見た「キャプテン翼」に憧れ、小学1年でサッカーを始める。高校時代には、同級生の中村俊輔選手らとともに全国高等学校サッカー選手権大会に出場し、キャプテンとしてチームを準優勝に導いた。プロ選手として18歳でブラジルへ。10カ月間のサッカー留学中、当時16歳のロナウジーニョ選手(元ブラジル代表)らとともに練習、試合に打ち込んだ。日本とは比較にならないほど激しい練習をこなし「メンタル面が一番鍛えられた」と当時を振り返る。

 ○…横浜市出身。休日は友人たちと買い物や美味しい食事などを楽しんでいる。音楽も楽しみの一つで、特に好きなのはサザンオールスターズ。毎年欠かさずコンサートを聴きに行くほどの大ファンだ。現役当時に思いを馳せ、少年時代の「サッカー選手になりたいという夢は叶った。(引退後は)『やり切った』という感じが強い」と話す。今後の目標を尋ねると「将来は全国を飛び回り、優秀な選手のスカウトをやってみたい」。尽きることのない熱意を胸に、これからもサッカー人生は続いていく。
 

麻生区版の人物風土記最新6件

多田 貴栄さん

4月1日付けで麻生区長に就任した

多田 貴栄さん

4月13日号

徳永 友一さん

月9ドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛けた

徳永 友一さん

3月23日号

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

3月16日号

鈴木 孝之さん

麻生区少年野球連盟の会長を務める

鈴木 孝之さん

3月9日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

佐藤 忠男さん

10年目の開催となる「アルテリッカしんゆり」の実行委員長を務める

佐藤 忠男さん

2月16日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク