麻生区版 掲載号:2013年1月25日号
  • googleplus
  • LINE

市が注意報を発令 インフルエンザ流行の兆し

 川崎市は16日、インフルエンザ定点医療機関での患者の発生数が定点あたり10人を超えたことを受け、流行発生注意報を発令した。昨年より約2週間ほど早い発令となり、市では注意を呼びかけている。

 市が医療機関からの報告をもとに毎週行っている集計によると、2013年第2週(1月7日から13日)の患者報告数は、定点あたり10・37人。流行発生注意報を発令する基準値(定点あたり10人)を超えた。

 昨シーズンより約2週間早い注意報発令に市では「やや早い流行の始まりがうかがえる。今後の経過を注意深く見守っていきたい」と話し、予防策などを周知していく方針を明らかにした。

 市内16カ所の病原体定点医療機関から検体の提供を受け行っているインフルエンザウイルスの検査では、16件のウイルスのうち15件がA香港型であるという結果がでた。

 市健康福祉局健康安全室新型インフルエンザ・防疫対策担当では予防のポイントとして▽外出から帰ったら必ず手洗いうがいをすること▽人にせきやくしゃみをかけない「せきエチケット」(マスクを着用しせきやくしゃみを他人にむけない)を身につける▽ワクチン接種を受ける▽湿度を50%から60%程度に保ち、定期的に換気を行うことを呼びかけている。
 

麻生区版のトップニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人気トリオが

アルテリッカしんゆり

人気トリオが"愛"を演奏

4月30日~4月30日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.03最適な治療とは…(2)海外との意識の違い

    3月30日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク