麻生区版 掲載号:2013年3月8日号

香林寺が五重塔まつり

春分の日の恒例行事

 香林寺(麻生区細山3の9の1)は3月20日、地域をあげての恒例行事「春の香林寺 五重塔まつり」を開催する。時間は午前10時から午後3時まで。

 このまつりは同まつり実行委員が毎年春分の日に行っている。地域のシンボルとなっている五重塔を中心に先祖供養や祈願(家内安全・学業成就)、守護札散華などのほか、クラウントムによる大道芸やおまつり市場が開場を盛り上げる。おまつり市場では主に焼きだんごや赤飯、草もちなどのほか、わたあめ、野菜、果物、焼きそば、焼きおにぎり、とん汁の販売が行われる(天候により変更の場合あり)。

 また、春の山野草展や土器、俳句などの展示、発表が行われる。

 主な協賛団体は▽香林寺詠歌講、細山郷土資料館、山草会、土器の会、ボーイスカウト43団、細山土曜会、ゆりストアなど。

 問い合わせは香林寺(【電話】044・966・5450)まで。同寺へは新百合ヶ丘駅からバスあり。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

伝統の「能楽」気軽に体験

伝統の「能楽」気軽に体験

市民館で全3回講座

1月30日~2月13日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第116回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 後編

    1月19日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第115回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 前編

    1月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク