麻生区版 掲載号:2013年3月22日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市教育委員会 子どもに初の防災チラシ コンパクトに見やすく

リーフレットを手にするよださん
リーフレットを手にするよださん
 東日本大震災から2年の時が経過した―。

 川崎市教育委員会は東日本大震災の教訓を忘れまいと、市内各学校の児童生徒向けに「防災リーフレット」をこのほど初めて発行し、配布した。各学校の防災・減災教育に役立てることを目的にしている。

 リーフレットは、小学生版と中学生・高校生版の2種類が発行され、市立小・中・高・特別支援学校の全児童・生徒向けに約11・6万部が配布された。

 同委員会は「日頃から防災・減災に努め、災害時に子どもたちが『自分の身は自分で守る』ことができるようにすることが大切であるという考えのもと、作成しました」としている。

 これまで防災学習のための冊子は発行していたが、A4版見開きカラー刷りのリーフレットを、よりコンパクトに見やすく、まとめた。「学校にいるときだったら」「外にいるときだったら」といった被災した場所に応じた避難の仕方や、土砂災害時の避難の仕方などをイラストを交え、紹介している。中学生・高校生版には、AEDを使用した心肺蘇生法や地域要救護者の搬出活動への協力なども盛り込み、「自助」だけではなく「共助」「公助」を意識づけた。

 同委員会は「絵を見ながら、話し合ったり調べたり、することができるようになっています。各学校の防災・減災教育や避難訓練に役立てていってほしい。コンパクトなつくりになっているので、家庭でも掲示し、家族で話し合ってみてほしい」としている。

区内在住マンガ家が挿絵

 リーフレットのイラストは麻生区内在住のよだひできさんが担当。よださんはこれまで子ども向けの学習マンガや地域紙の4コママンガなどの作品を残してきた。「地域の防犯ポスターも手掛けてきたこともあり、関心がありました。声がかかったとき、地域の子どもたちのためにやってみようという気持ちになりました」と話している。

 リーフレットに関する問い合わせは同委員会健康教育課(【電話】044・200・2880)まで。

麻生区版のトップニュース最新6件

合同チームで全国V

ネオホッケー麻生・多摩

合同チームで全国V

3月30日号

1年で登録数300超

市民活動団体検索サイト

1年で登録数300超

3月30日号

部活指導員 6月に導入

市立中

部活指導員 6月に導入

3月23日号

構内で沿線・地域情報提供

新百合ヶ丘駅

構内で沿線・地域情報提供

3月23日号

藤嶋氏が名誉市民に

40年迎えた地域拠点

市民館岡上分館

40年迎えた地域拠点

3月16日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人気トリオが

アルテリッカしんゆり

人気トリオが"愛"を演奏

4月30日~4月30日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.03最適な治療とは…(2)海外との意識の違い

    3月30日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク