麻生区版 掲載号:2013年3月22日号
  • googleplus
  • LINE

不妊の特定治療 助成金を一部減額に 国の制度改正に伴い実施

 不妊治療の助成について、厚生労働省が新年度から一部治療を対象に、助成額を引き下げる方針を打ち出した。これを受け、川崎市でもよい状態の卵子が採取できず治療を中止した場合などについて助成額の減額が実施される。

 助成金の一部減額は、国の制度改正にともなって行われる。

 不妊治療の助成については、これまで治療を受ける人の経済的負担の軽減を目的に▽新鮮胚移植を実施▽採卵から凍結胚移植に至る一連の治療を実施▽以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施▽体調不良等により移植のめどが立たず治療を終了▽受精できず、または胚の分割停止、変性、多精子受精などの異常受精等による中止▽採卵したが卵が得られない、または状態のよい卵が得られないため中止した場合に、15万円までを上限に行われてきた。

 今回の制度改正では、6つのケースのうち比較的治療費が安価な▽以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施▽採卵したが卵が得られないため中止した2つのケースについて助成額の上限が7万5000円に引き下げられる(その他のケースについては従来どおり15万円が上限)。

 助成金の減額が実施されるのは2013年度の申請受付分から。2012年度の申請は3月29日受付分までとなる。

 助成を受けるには▽戸籍上の夫婦であること▽夫婦のうちいずれか一方が申請時に川崎市内に住所があることなど所定の要件を満たしている必要がある。助成が受けられる川崎市の指定医療機関は▽新百合ヶ丘総合病院(麻生区古沢都古255/【電話】044・322・9991)▽聖マリアンナ医科大学病院(宮前区菅生2の16の1/【電話】044・977・8111)▽ノア・ウィメンズクリニック(中原区小杉町1の510の1/【電話】044・739・4122)。市外の医療機関でも所在地の自治体の指定を受けていれば川崎市の助成が受けられる。

 助成や申請に関する問い合わせは麻生区役所保健福祉センター児童・家庭支援係(【電話】044・965・5158)まで。

麻生区版のトップニュース最新6件

合同チームで全国V

ネオホッケー麻生・多摩

合同チームで全国V

3月30日号

1年で登録数300超

市民活動団体検索サイト

1年で登録数300超

3月30日号

部活指導員 6月に導入

市立中

部活指導員 6月に導入

3月23日号

構内で沿線・地域情報提供

新百合ヶ丘駅

構内で沿線・地域情報提供

3月23日号

藤嶋氏が名誉市民に

40年迎えた地域拠点

市民館岡上分館

40年迎えた地域拠点

3月16日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人気トリオが

アルテリッカしんゆり

人気トリオが"愛"を演奏

4月30日~4月30日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.03最適な治療とは…(2)海外との意識の違い

    3月30日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク