麻生区版 掲載号:2014年3月28日号 エリアトップへ

麻生川桜祭り 市制90周年記念し華やかに あす29日 メインイベント

掲載号:2014年3月28日号

  • LINE
  • hatena
桜の名所として知られる麻生川(写真は昨年撮影)
桜の名所として知られる麻生川(写真は昨年撮影)

 4月6日まで開催されている、恒例の「麻生川桜祭り」(主催/麻生観光協会・麻生区)のメインイベントが、明日29日に行われる。今年は川崎市制90周年を記念し、区の木である「禅寺丸柿」のゆるキャラの発表のほか、初めてとなるパレードや夜桜のライトアップも予定されている。

ゆるキャラ発表やパレード

 JAセレサ川崎パーシモン(片平2の30)で行われるメインイベントでは、「禅寺丸柿」のゆるキャラ「かきまるくん」のお披露目や、「かきまるくん」を筆頭に麻生区文化協会の会員や地元有志らが初めてパレードを行う。麻生川桜まつり唄、柿生音頭、禅寺丸音頭、お囃子、よさこいソーラン、クイズラリーなども催される。パレードはJAセレサ川崎パーシモンを出発し、麻生川沿い(片平側)を進み、柿生大橋で折り返し、川沿いを上麻生側から戻ってくる。式典は午後0時半から、パレードは1時からを予定している。雨天の場合、メインイベントは30日に開催。

 また、期間中、桜が開花次第、夜桜のライトアップが行われる。昨年までは提灯により明かりが灯されていたが、今年はLEDの投光器10器が用いられ、色鮮やかに照らされる。柿生大橋付近、麻生川橋付近を中心に、夕方から午後9時まで行われる。

 ほかにも柿生中央商店会や弘法の松商店会の会員による露店が土、日を中心に立ち並ぶ。麻生観光協会の長瀬敏之事務局長は「『かきまるくん』のお披露目もあるので、大きく盛り上げていきたい」と話す。

 麻生川桜祭りは1994年に区政推進事業として、区役所と街づくり財団が協働で開催したのがはじまり。その後、区町会連合会、区社協、環境センター上部利用運営委員会などの協力により、さまざまな形で開催されてきたが、祭りの運営に携わってきた麻生観光協会が2012年から主催している。

 長瀬さんは「伝統を大切にしながら、どんどん新しい人を取り入れていきたい。麻生川を桜の名所として知っていただき、新しい街並みと緑が共存する麻生区をPRしていきたい」と語った。

麻生区版のトップニュース最新6

子年だけの観音開帳

星宿山王禅寺

子年だけの観音開帳 文化

12年に一度 4月1日から

3月27日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 経済

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

親子向け行事ガイド完成

区民会議発市民団体

親子向け行事ガイド完成 教育

魅力知り「ふるさと」感じて

3月20日号

親の会10団体で新組織

不登校・ひきこもり

親の会10団体で新組織 社会

冊子発行、「語る場」提供へ

3月13日号

多摩線の利便性向上へ

小田急線ダイヤ改正

多摩線の利便性向上へ 社会

あす14日から

3月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

箏・尺八の体験会

箏・尺八の体験会

4月、小中学生が対象

4月4日~4月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク