麻生区版 掲載号:2014年4月4日号 エリアトップへ

3月19日付で麻生警察署第19代署長に就任した 川田 安男さん 千代ヶ丘在住 55歳

掲載号:2014年4月4日号

  • LINE
  • hatena

一歩前へ、さらに前へ

 ○…第一機動隊隊長から今回の異動で麻生警察署第19代署長となった。全署員への最初の訓示では「警察行政は地域住民から託されたもの。だからこそ奉仕し責任を負い、地域の皆さまのために何ができるか考えてほしい」と話した。警察署には様々な相談が寄せられることから、署員には「一歩前に出る姿勢」を求める。就任後すぐに署員がしっかり対応している姿を見て手ごたえを感じている。

 ○…横浜市出身。幼少期を「正義感が強かった」と振り返り、学級委員を務めるなど「人の役に立ちたい」思いは強かった。中学、高校の部活では剣道に打ち込み「礼に始まり礼に終わる」礼儀や思いやりを学んだ。「正義の道を貫きたい」と20歳の時に警察の道へ。剣道で培った「物怖じしない心、立ち向かう姿勢」を持ち勤務にあたり、狭い店内で暴れている犯人に対して先頭に立って扉をあけ犯人を取りおさせたこともあった。胸のうちにあるのは「常に一歩前に、さらに一歩前に出る意識」だ。

 ○…勤務の中で法律に関わることが多く「法律の基礎を学びたい」と警察官として働きながら大学に通った努力家。36年目に入った警察官人生の中では主に許可行政に携わってきた。警察庁に出向した際には風俗営業行政を担当。「許可行政を通じて街の治安を守ることの大切さを改めて感じた」。麻生区は犯罪認知件数が少ないと認識している。「この状態をさらによくするために地域住民と一緒になって街の治安を守っていきたい」

 ○…署長就任と同時に千代ヶ丘の公舎に引越し区民となった。家族と離れ単身生活となるが「公舎に住むことで署長として『やらなければ』という思いが強くなった。寂しさを感じる暇はないですね」と気を引き締める。積極的に区民と話しをしたいと署長室にこもるのではなく街に足を運ぶつもりだ。「一歩前に出る姿勢」を前面に出し、安心、安全な街づくりに邁進する。

麻生区版の人物風土記最新6

登里 享平さん

川崎フロンターレDF(ディフェンダー)で背番号「2」をつける

登里 享平さん

30歳

2月26日号

和泉 杏奈さん

【Web限定記事】ご当地アイドル「川崎純情小町☆」で麻生区、多摩区を担当する

和泉 杏奈さん

川崎市在住

2月19日号

松田 肇さん

麻生ヤマユリ植栽普及会の会長を務める

松田 肇さん

王禅寺東在住 75歳

2月12日号

鈴木 正視さん

令和2年度川崎市自治功労賞に選ばれた五力田町内会長の

鈴木 正視さん

五力田在住 73歳

2月5日号

竹市 八郎さん

地域でボランティア活動を続ける

竹市 八郎さん

万福寺在住 84歳

1月29日号

原 嘉孝さん

ジャニーズJr.で、舞台「両国花錦闘士」の主演を務める

原 嘉孝さん

中原区出身 25歳

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク