麻生区版 掲載号:2014年4月11日号 エリアトップへ

市民投稿で生き物マップ 川崎市が今月から運用

掲載号:2014年4月11日号

  • LINE
  • hatena
かわさき生き物マップのページ
かわさき生き物マップのページ

 川崎市は1日、インターネットの市民の投稿で市内の生物の生息状況を地図上に記す「かわさき生き物マップ」の運用を開始した。この取り組みは県内初の試みで、市は市民に活用を呼びかけている。

 生き物マップは、都市計画情報や防災情報などをインターネットの地図上で閲覧できる「ガイドマップかわさき」を活用したもの。市民が発見した生き物の場所を地図上に記し、コメントや写真を添付することができる。例えば春なら、ツクシやタンポポ、タヌキ、チョウ、カワセミなど11種の情報を募集している。

 3カ月毎に募集する情報を更新し、季節毎に見ることができる生き物をまとめる。現在は、市内の小学校の協力で得たセミの情報をモデルとして掲載している。

 マップづくりは、川崎市が3月31日付で策定した「生物多様性かわさき戦略〜人と生き物のつながりプラン」の一環。生き物情報の募集を通じて市民が身の回りの自然に目を向けるきっかけをつくり、市内の生き物情報の蓄積を図る目的がある。市環境局によると、こうした市民の情報提供による生き物マップづくりは静岡市でも取り組んでいるが、インターネットを通じて市民が直接書き込める仕組みは全国の自治体では珍しい。県内の自治体では初めての試みという。

 ただ、運用開始後1週間の投稿は6件で、市の担当者は「情報が蓄積されれば1つの指標として活用できる。多くの人に情報を投稿してもらいたい」と話す。

麻生区版のトップニュース最新6

救急出動6年ぶり減少

麻生区

救急出動6年ぶり減少 社会

遠因に新型コロナの影響

1月22日号

百年超の風物詩も断念

ダルマ市

百年超の風物詩も断念 文化

関係者「苦渋の決断」

1月22日号

見守り活動冊子発行

三井百合丘第二自治会

見守り活動冊子発行 社会

田調大と連携し独自活動

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

同機種無線使い連携

4自治会・町内会

同機種無線使い連携 社会

災害時の情報共有ねらい

1月8日号

活力あるまちづくりを

新春インタビュー

活力あるまちづくりを 社会

多田区長、2021年を語る

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク