麻生区版 掲載号:2014年5月2日号 エリアトップへ

14年度市民自主事業 世代間交流を促進 街づくりの活性図る

社会

掲載号:2014年5月2日号

  • LINE
  • hatena

 麻生市民館と市民や市民グループが共同で、講座を企画・運営する2014年度市民自主事業のラインナップが4月19日、決定した。今年度は世代間交流をテーマにしているものが多く、若者からシニアまでがふれあうことを通して街づくりの活性を目指していく。

 2月の企画提案会で決まったのは、市民自主学級の「イベント・スタッフ入門講座」、市民自主企画事業の「音楽の贈りものinあさお」「おもちゃを作って遊ぼう」「水環境、未来のために今できること」「子どもの自信を育む!『対話力UP』セミナー」「ビブリオバトルIN あさお」。例年2月の企画提案会で事業内容が決定していたが、今年度は決まっていた市民自主学級1講座が辞退したため、4月19日に「早寝!早起き!朝ごはん!!」が追加で決定し、今年度のラインナップが出揃った。

 担当課である麻生区生涯学習支援課は「内容としては世代間交流が重視されている。各世代が交流し、街づくりを活性していきたい」としている。例えば、「音楽の贈りものinあさお」では、親子連れからシニアまでの幅広い世代が交流するほか、「おもちゃを作って遊ぼう」ではおもちゃを通して世代間交流を深める。「子どもの自信を育む!『対話力UP』セミナー」では小学生高学年から中高生の保護者(家族)を対象にワークショップが行われる。

 講座は、早いもので7月ごろから順次開催され、市民自主学級は5回前後の連続講座、市民自主企画事業は1回ごとの開催で年2回から5回を予定している。同課は「どの講座にも関心のある方に積極的に参加していただきたい。若い人々にも集まっていただきたい」としている。

 問い合わせは同課(【電話】044・951・1300)まで。

麻生区版のトップニュース最新6

過去5年で最少

区内火災件数

過去5年で最少 社会

救急は前年比221件増

1月14日号

「農家の暮らし」を本に

区内シニア有志

「農家の暮らし」を本に 社会

中山会長「若い世代へ」

1月14日号

地域コミュニティを推進

新春インタビュー

地域コミュニティを推進 政治

三瓶区長、今年の展望語る

1月7日号

区内3人に厚労大臣表彰

区内3人に厚労大臣表彰 社会

地域福祉への貢献を評価

1月7日号

川崎の新時代へ「挑戦」

川崎の新時代へ「挑戦」 政治

福田市長、2022年を語る

1月1日号

12年に1度「寅薬師」

修廣寺

12年に1度「寅薬師」 文化

今秋開扉 住職も交代

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

落語で特殊詐欺防止

落語で特殊詐欺防止

1月28日 区役所で研修会

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月14日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook