麻生区版 掲載号:2014年5月16日号 エリアトップへ

障害者福祉5法人 区役所で自主製品を販売 閉店した売店跡地を活用

社会

掲載号:2014年5月16日号

  • LINE
  • hatena
テープカットを行う石井会長(左)、多田区長(左から3人目)ら
テープカットを行う石井会長(左)、多田区長(左から3人目)ら

 区内の5つの障害者福祉法人は、麻生区役所で自主製品の販売を5月12日から開始した。障害者の社会参加や就労訓練、事業所の情報発信が目的。3月に閉店した売店跡地を使用する。販売初日となった12日にはテープカットが行われた。

 店名は「あさおのおみせ」。今回販売を行う5法人は(福)セイワ、(福)川崎市社会福祉事業団、(福)育桜福祉会、(福)三篠会、NPO法人たま・あさお精神保健福祉をすすめる会。これらの法人は昨年12月に「麻生区自主製品販売連絡協議会」を立ち上げ準備を進めてきた。

 販売事業は同協議会が行う。経費は協議会が負担し独立採算で運営。各事業所で作製されたマグカップやビーズ製品、レターセットなどの手芸・工芸品が販売される。

 これまで各事業所で作製された自主製品は、区民まつりや福祉まつり、町会などのバザーで販売されることがほとんどだった。同協議会は、今回店舗を構え継続性を持たせることで障害者の社会参加の機会を増やし就労訓練につなげたい考えだ。また、各事業所で取り組んでいることや福祉に関する情報を店舗から積極的に発信することで、市民や区民に福祉を知ってもらうきっかけにしたいとしている。

 協議会の会長を務める(福)セイワ川崎授産学園の石井和明学園長は「事業所を利用している人がこれまで以上に仕事に対してやりがいを感じられるような店舗にしていきたい。たくさんの方々に足を運んで頂きたい」と話している。

区の呼びかけで実現

 今回の販売は、3月末に閉店した売店の跡地の有効活用を検討していた区が協議会に声をかけ実現。区では、協議会と連携しホームページなどで事業を広報していくほか、会議室の提供や跡地使用料の免除などでサポートしていく。

 多田昭彦区長は12日のオープニングイベントで「色々な施設の自主製品が販売され、区民も楽しみにしている。この店舗が地域福祉の拠点となるようにしていけたら」と話した。

 あさおのおみせの営業日時は、月曜日から金曜日(年末年始を除く)の午前9時30分から午後4時まで。

麻生区版のトップニュース最新6

過去5年で最少

区内火災件数

過去5年で最少 社会

救急は前年比221件増

1月14日号

「農家の暮らし」を本に

区内シニア有志

「農家の暮らし」を本に 社会

中山会長「若い世代へ」

1月14日号

地域コミュニティを推進

新春インタビュー

地域コミュニティを推進 政治

三瓶区長、今年の展望語る

1月7日号

区内3人に厚労大臣表彰

区内3人に厚労大臣表彰 社会

地域福祉への貢献を評価

1月7日号

川崎の新時代へ「挑戦」

川崎の新時代へ「挑戦」 政治

福田市長、2022年を語る

1月1日号

12年に1度「寅薬師」

修廣寺

12年に1度「寅薬師」 文化

今秋開扉 住職も交代

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

落語で特殊詐欺防止

落語で特殊詐欺防止

1月28日 区役所で研修会

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月14日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook